105850
0
相模鉄道旧6000系新塗装8両セット
https://popondetta.jp/products/detail.php?product_id=105850
相鉄初の20m車!旧6000系 ●6000系は1961(昭和36)年から120両が製造されました。 ●直角カルダン駆動や相模鉄道で初めて両開き扉が採用されました。 ●車体形状は普通鋼製20m級4扉の箱型で、中間車では前後非対称となる車内  レイアウトが特徴です。 ●編成組織の自由度が高い1M方式を採用し、最短で2両編成から1両単位で  増結が可能な機器編成として設計されています。 ●モハ6021はアルミ車体の試作車両として登場し、のちの2100系、5100系、  7000系の設計に大きな影響を与えました。 ●1986(昭和61)年までに全車冷房改造され、相模電車の中核として活躍  しましたが、後継となる8000系・9000系の登場に伴い、1997(平成9)年までに  全車引退しました。 ●現在はかしわ台車両センターにモハ6001、モハ6021の2両が保存されています。 ●マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実。 ●窓、ドア配置に特徴がある、旧6000系電車を製品化。 ●冷房改造車。ディスクブレーキが台車枠に取り付けられた後期型がプロトタイプ。 ●シールドビーム2灯化ヘッドライト、テールライト、行先表示器がLEDにて点灯。 ●ON-OFFスイッチつき。 ●フライホイール付き動力ユニット採用。 ●全車がライトグリーンの新塗装車8両セット。 ●車輌毎に、妻面貫通扉の有無を造り分け。 ●オプション:  幅狭室内灯・G0005/G0006/G0007/G0008、  マイクロカプラー自連・灰:F0004 ●付属品:ステッカー1枚 ●パッケージサイズ/重さ : 32 x 22.3 x 3.5 cm / 775g
https://popondetta.jp/upload/save_image/11291607_5bff903f712ff.jpg
鉄道模型
Nゲージ車両
電車
21500
相鉄初の20m車!旧6000系 ●6000系は1961(昭和36)年から120両が製造されました。 ●直角カルダン駆動や相模鉄道で初めて両開き扉が採用されました。 ●車体形状は普通鋼製20m級4扉の箱型で、中間車では前後非対称となる車内  レイアウトが特徴です。 ●編成組織の自由度が高い1M方式を採用し、最短で2両編成から1両単位で  増結が可能な機器編成として設計されています。 ●モハ6021はアルミ車体の試作車両として登場し、のちの2100系、5100系、  7000系の設計に大きな影響を与えました。 ●1986(昭和61)年までに全車冷房改造され、相模電車の中核として活躍  しましたが、後継となる8000系・9000系の登場に伴い、1997(平成9)年までに  全車引退しました。 ●現在はかしわ台車両センターにモハ6001、モハ6021の2両が保存されています。 ●マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実。 ●窓、ドア配置に特徴がある、旧6000系電車を製品化。 ●冷房改造車。ディスクブレーキが台車枠に取り付けられた後期型がプロトタイプ。 ●シールドビーム2灯化ヘッドライト、テールライト、行先表示器がLEDにて点灯。 ●ON-OFFスイッチつき。 ●フライホイール付き動力ユニット採用。 ●全車がライトグリーンの新塗装車8両セット。 ●車輌毎に、妻面貫通扉の有無を造り分け。 ●オプション:  幅狭室内灯・G0005/G0006/G0007/G0008、  マイクロカプラー自連・灰:F0004 ●付属品:ステッカー1枚 ●パッケージサイズ/重さ : 32 x 22.3 x 3.5 cm / 775g
10
相模鉄道旧6000系新塗装8両セット
画像を拡大する

相模鉄道旧6000系新塗装8両セット

商品コード: 4968279120965

新品

メーカー希望小売価格(税込): ¥ 23,220

販売価格(税込): ¥ 23,220

関連カテゴリ:
鉄道模型 Nゲージ車両 電車
※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

中古品

商品グレード:A  中古品グレードについて

商品名:相模鉄道旧6000系新塗装8両セット

販売価格(税込):9,126円 

※ 申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

 

商品特長

相鉄初の20m車!旧6000系

●6000系は1961(昭和36)年から120両が製造されました。
●直角カルダン駆動や相模鉄道で初めて両開き扉が採用されました。
●車体形状は普通鋼製20m級4扉の箱型で、中間車では前後非対称となる車内
 レイアウトが特徴です。
●編成組織の自由度が高い1M方式を採用し、最短で2両編成から1両単位で
 増結が可能な機器編成として設計されています。
●モハ6021はアルミ車体の試作車両として登場し、のちの2100系、5100系、
 7000系の設計に大きな影響を与えました。
●1986(昭和61)年までに全車冷房改造され、相模電車の中核として活躍
 しましたが、後継となる8000系・9000系の登場に伴い、1997(平成9)年までに
 全車引退しました。
●現在はかしわ台車両センターにモハ6001、モハ6021の2両が保存されています。
●マイクロエース私鉄電車シリーズの更なる充実。
●窓、ドア配置に特徴がある、旧6000系電車を製品化。
●冷房改造車。ディスクブレーキが台車枠に取り付けられた後期型がプロトタイプ。
●シールドビーム2灯化ヘッドライト、テールライト、行先表示器がLEDにて点灯。
●ON-OFFスイッチつき。
●フライホイール付き動力ユニット採用。
●全車がライトグリーンの新塗装車8両セット。
●車輌毎に、妻面貫通扉の有無を造り分け。
●オプション:
 幅狭室内灯・G0005/G0006/G0007/G0008、
 マイクロカプラー自連・灰:F0004
●付属品:ステッカー1枚
●パッケージサイズ/重さ : 32 x 22.3 x 3.5 cm / 775g

あなたが見た最近の商品

まだ閲覧履歴はありません
PC用表示 | スマートフォン用表示